Entries RSS Comments RSS

Posts Tagged ‘体力’

人に心に敏感であること、体力があることが必須

月曜日, 4月 20th, 2015

binkan医療の現場の中では、
助産院や産婦人科に勤務する助産師の仕事というのは、
特殊なものになってきます。

助産師が対応する患者さんというのは、
妊婦さんがメインになります。

 

妊娠をしている女性は、
妊娠することによって身体に変化を起こしていきますが、
実は心も同時にさまざまな変化します。

この心の変化は人それぞれで、
体系だった何かがあるという事もないんです。

 

妊婦さん一人ひとりが全く異なる変化をするため、
助産師はそれぞれに応じた対応が必要になりますよね。

繊細に、そして敏感に、
助産師は妊婦さんに対応する必要があります。

 

妊娠と出産というと、
大体の人が喜びを感じる出来事。

と思うかもしれませんが、
時には真逆の事が起こることもあります。

 

人の心に敏感で、
さらに自分自身が強い精神力を持つことは重要です。

 

出産のときには、
妊婦さんは非常に体力を消耗します。

それをサポートする助産師も、
実は妊婦さんと同様に
体力を消耗する仕事になっています。

 

妊婦さんの陣痛が始まれば、
助産師はそこから妊婦さんを支え、
出産をサポートする仕事が始まります。

出産はいつ終わるか分かりません、
先が見えないというのは、
想像以上に大変な事になります。

 

長い緊張感を、
不安に思っている妊婦さんを精神的にも
支える必要がありますよね。

このよう長い時間、
妊婦さんと共に出産を体験すのが助産師です。
並大抵の体力では務まりませんよ。

求められる助産師とはどのような人?

月曜日, 4月 20th, 2015

josansi出産に立ち会う仕事ということで、
助産師の仕事はとても幸福感に満ち溢れている。

そのように思っている人も多いですよね。
でも、実際には助産師の仕事は
決して幸福感だけではありません。

 

場合によっては死産の立ち合いということもあり得ます。

妊娠の途中で流産をしてしまう妊婦さんも決して少なくはありません。

 

喜びがある反面、
辛く悲しい場面にも非常に多く立ち会う事になります。

それをしっかりと乗り越えることが出来る、
強い精神力が必要な仕事にもなります。

 

さまざまな出来事に対して、
冷静に対応する能力が必要になります。

 

助産師の仕事は時によっては
24時間を超える勤務が必要になることもあります。

お産というのは時間が来れば終わるものではなく、
妊婦さんと、生まれてくる赤ちゃんの都合によって
数日続くこともあります。

 

疲れたので、とりあえずお産は中断しましょう。
ということはできない仕事ですよね。

そうなると、体力が必要になってきます。

 

採用にあたっては、
このような局面でも乗り越えることが出来る体力がある。
ということが重要視されることもあるんです。

助産師が倒れてしまっては、
実際に出産をする妊婦さの不安は増長されます。
しっかりと励まし、お産を導く助産師が求められています。

助産師は体力勝負って本当?

月曜日, 4月 20th, 2015

ganbaru看護師はもともと体力が必要な仕事と言われていますが、
さらに体力が必要と言われているのが、
助産師の仕事になります。

もともと勤務時間が不規則で、
日勤と夜勤を不規則に繰り返すことが多い看護師ですが、
助産師はさらにハードな勤務が多いとも言われています。

 

そのため、学生時代には
体育会系などでバリバリと活動していた。

というような人の方が
向いている職業ともいえますよね。

 

求人情報などを見ると比較的簡単なのでは?
と感じている人もいるかもしれませんが、
精神的に弱い人にとっては向いている仕事とは言えません。

お産を手助けする助産師という仕事は、
妊婦さんのお産に合わせて仕事をこなしていく必要があります。

 

でも、妊婦さんんお産というのは
全く予想を付けることが出来ない事になります。

 

赤ちゃんは時間に関係なく生まれてきて、
助産師はいつ赤ちゃんんが生まれも良いように
スタンバイしなければなりません。

場合によっては、自分のスケジュールが入っていたとしても、
それを飛ばしてお産を介助する必要があります。

 

助産師は確かに経験も必要ですが、
体力があり融通が利く人が必要になってきますよね。

収入が良いと言う事だけでは
とても続けることはできませんよ。