Entries RSS Comments RSS

助産師さんに人気の資格にリフレクソロジーがあるのはなぜ?

4月 20th, 2015

rifure妊娠をした女性は、
いつも以上に心に不安を抱えているケースが多くみられます。

この不安というのはストレスとなって、
徐々に妊婦さんに蓄積されます。

 

ストレスというのは、
妊娠している女性にとっては特に避けたいものですよね。

このストレスを上手に解消できる助産師がいれば、
助産院としてはとても心強い存在になります。

 

最近そんなストレスを解消させることができる、
リフレクソロジーなどの資格を取得する。
という助産師が増えてきているそうです。

長く助産師として仕事をしてきた人が、
リフレクソロジーなどを学んで資格を取得し、
日々の診療やケアのなかでそれを取り入れる人もいるそうです。

 

リフレクソロジーはリラクゼーションというケアだけではなく、
実は身体のケアにもなりますよね。

むくみや老廃物が溜まりやすくなる。
といった状態のケアにも向いています。

 

また、実際に手で足に触れるというスキンシップによって、
妊婦さんには安心感を与えることもできるんです。

もちろん、リフレクソロジーと言っても、
あん摩師や鍼灸師などの資格を必要とする
マッサージではありません。

 

基本的にはリラクゼーションの域で、
一般的にはトリートメントすることがメインになります。

資格などがなくても知識があれば行うことが出来るものですが、
やはり勉強をして資格を取得すれば、
それだけ信頼感はありますよね。

 

よりよいお産をした貰いたい、
患者さんとの信頼関係を強く持ちたい。

という助産師さんであれば、
このリフレクソロジーの資格というのは
かなりよい資格と言えるのではないでしょうか。

人に心に敏感であること、体力があることが必須

4月 20th, 2015

binkan医療の現場の中では、
助産院や産婦人科に勤務する助産師の仕事というのは、
特殊なものになってきます。

助産師が対応する患者さんというのは、
妊婦さんがメインになります。

 

妊娠をしている女性は、
妊娠することによって身体に変化を起こしていきますが、
実は心も同時にさまざまな変化します。

この心の変化は人それぞれで、
体系だった何かがあるという事もないんです。

 

妊婦さん一人ひとりが全く異なる変化をするため、
助産師はそれぞれに応じた対応が必要になりますよね。

繊細に、そして敏感に、
助産師は妊婦さんに対応する必要があります。

 

妊娠と出産というと、
大体の人が喜びを感じる出来事。

と思うかもしれませんが、
時には真逆の事が起こることもあります。

 

人の心に敏感で、
さらに自分自身が強い精神力を持つことは重要です。

 

出産のときには、
妊婦さんは非常に体力を消耗します。

それをサポートする助産師も、
実は妊婦さんと同様に
体力を消耗する仕事になっています。

 

妊婦さんの陣痛が始まれば、
助産師はそこから妊婦さんを支え、
出産をサポートする仕事が始まります。

出産はいつ終わるか分かりません、
先が見えないというのは、
想像以上に大変な事になります。

 

長い緊張感を、
不安に思っている妊婦さんを精神的にも
支える必要がありますよね。

このよう長い時間、
妊婦さんと共に出産を体験すのが助産師です。
並大抵の体力では務まりませんよ。

助産院選びは細かいところをチェックしよう!

4月 20th, 2015

chuui助産院というと、
妊娠した女性がより自然な出産を
望んでくるお産施設。

と考えている人も多くいますが、
実際にはその仕事は多岐にわたっています。

 

女性の一生を考えるのが助産師の仕事で、
実は女性の妊娠・出産のケアや新生児のケアだけではなく、
家族計画、性に関する教育なども行っている場合もあります。

やりがいについては非常にある職場ですが、
助産院は個性もとても強い職場なので、
求人情報だけでは分からない仕事が数多くある可能性もある。

 

と言われているんですよ。

 

そのため、求人情報をチェックするときには、
表面的なものだけではなく、
しっかりとチェックする必要があります。

見落とすことによって、
就職後に後悔をしてしまう場合もありますよ。

 

助産院は基本的には24時間お産に対応する施設になっています。

夜勤が出来ないという状況にある助産師にとっては、
やはり助産院勤務は難しい。
と思ってしまう人も多くいます。

 

でも、最近では日勤のみの助産師募集、
夜勤のみの助産師募集など、
ライフスタイルに合わせた勤務時間を選べるというところもあります。

募集内容などを良くチェックすると、
勤務時間帯は要相談。
といったところ多いですよね。

 

このような細かい部分をしっかりとチェックすることで、
自分で閉ざしてしまっていた扉を開き、
助産師としてまた活躍することができるようになった。

という方もいます。

 

どのような働き方ができるのか。
求人を探すときにはぜひ細かくチェックをしてみてくださいね。

就職先として助産院を選ぶ時に注意したいこと

4月 20th, 2015

cheku病院と異なり、
助産師は助産院に勤務したり、
助産院を開業することもありますよね。

でも、助産院に勤務するときには、
実は注意してチェックしておいた方が良い点というのが、
多々あるんです。

 

総合病院などに勤務していた。

という助産師さんによくあるのが、
助産院もあまり仕事は変わりなく、
待遇面もあまり変わらないだろう。

との思い込みです。

 

給料などの提示がよければ、
後のことはあまりチェックしていない。

という人もいますが、
助産院は病院ほどの就業規則が無かったり、
勤務時間自体があいまいな状態になってしまっている。

 

というところも決して少なくはないんです。

時間外労働の考え方やなどがあいまい、
残業手当自体の支給がない場合もあります。

 

労働時間に関するもの以外でも、
チェックしておきたいことは数多くあります。

例えば交通費、通勤手当などは全額支給があるのか、
各種手当類の支給状況は
どうなっているのかなども重要です。

 

さらに、福利厚生の部分は、
意外な盲点になってきますよね。

病院勤務の場合には、
かなり手厚い福利厚生が期待できたのに、
まったく期待できないという助産院もあります。

 

有給休暇の取得についても、
少数で運営している助産院では難しいケースもありますよね。

それでも、自分の考え方でお産を勧めることが出来るから。
という理由でその助産院を選ぶ助産師もいますが 、
前もってチェックしておくことは非常に重要です。

求められる助産師とはどのような人?

4月 20th, 2015

josansi出産に立ち会う仕事ということで、
助産師の仕事はとても幸福感に満ち溢れている。

そのように思っている人も多いですよね。
でも、実際には助産師の仕事は
決して幸福感だけではありません。

 

場合によっては死産の立ち合いということもあり得ます。

妊娠の途中で流産をしてしまう妊婦さんも決して少なくはありません。

 

喜びがある反面、
辛く悲しい場面にも非常に多く立ち会う事になります。

それをしっかりと乗り越えることが出来る、
強い精神力が必要な仕事にもなります。

 

さまざまな出来事に対して、
冷静に対応する能力が必要になります。

 

助産師の仕事は時によっては
24時間を超える勤務が必要になることもあります。

お産というのは時間が来れば終わるものではなく、
妊婦さんと、生まれてくる赤ちゃんの都合によって
数日続くこともあります。

 

疲れたので、とりあえずお産は中断しましょう。
ということはできない仕事ですよね。

そうなると、体力が必要になってきます。

 

採用にあたっては、
このような局面でも乗り越えることが出来る体力がある。
ということが重要視されることもあるんです。

助産師が倒れてしまっては、
実際に出産をする妊婦さの不安は増長されます。
しっかりと励まし、お産を導く助産師が求められています。

採用に有利な助産師ってどんな人?

4月 20th, 2015

 

yuuri少子化と言われている社会の中で、
助産師という資格を取得しても、
もしかしたら需要がないのでは?

と思うかもしれません。

 

確かに、助産院は徐々に減少しているとも言われています。
でも、実は助産院として開業していなくても、
病院内にある院内助産院は増加してきています。

そのため、助産師の需要自体は決して減っていませんし、
むしろ需要は増加傾向にあるんですよ。

 

正常分娩の場合には、助産師が分娩を取扱い、
リスクがある、問題があるといった分娩は産婦人科医が取り扱うといった、
分業も徐々に確立されつつあります。

助産師の資格を取得するのは難しいものですが、
需要があるという事ならチャレンジしてみたい。
という人も多いのではないでしょうか?

 

助産師は需要が高い反面、
質の良い助産師を求めると
いった病院や助産院が多くみられます。

特徴がない助産師と、
アピールポイントがある助産師なら、
後者の方がやはり好まれます。

 

最近では産婦人科も特徴を持ったクリニックなども多くみられますが、
その特徴にあった助産師が必要。
というところも多くなってきているんです。

妊婦さんの産後ケアにアロマテラピーを取り入れている、
マタニティヨガやベビーヨガなどを取り入れている、
食育指導に力を入れている。

 

といったようなクリニックや助産院では、
このような勉強をしている助産師の方が採用されやすくなります。

助産師は経験と体力も必要な仕事です。
この辺りをアピールするということもいいですよね。

助産師の資格は価値がある!

4月 20th, 2015

kati助産師の主な仕事はお産を介助して、
出産のサポートをすることになります。

でも、妊婦さんがお産をするのをただ手伝うのではなく、
助産師はリーダーシップを握って、
お産を導くということが仕事になります。

 

助産師の仕事というのは、
何も出産の時の介助だけではありません。

普段は看護師と同じように、妊婦さんのケアに当たったり、
診察の補助をしたりすることもありますし、
助産院では妊婦さんの健康管理や指導なども行うことになります。

 

同じ女性という立場から、
出産を控えて不安定になりがちな
妊婦さんの相談に乗ることもあります。

場合によっては、
生まれてくる赤ちゃんのために
厳しい指導を行う必要がある場合もあります。

 

すべての場合において、妊婦さん、
そして生まれてくる赤ちゃんにとって、
最良のお産になるように、導くことが必要になるんです。

 

看護師の中でも助産師の資格を持っているという人は少数です。

看護師になり、助産師になりたいという人も決して少ないわけではないのですが、
どうしても助産師を要請する学校自体が少なく、
さらに勉強もかなり難しいという理由もあり、助産師の数は少ないんです。

 

助産師という仕事を考えると、
勉強が難しいことは当然とも言えますが、
その分助産師の資格を取得することが出来れば、給料面の待遇は良くなりますよ。

 

価値がある資格ということで、
ぜひチャレンジしていただきたいです。

助産師は体力勝負って本当?

4月 20th, 2015

ganbaru看護師はもともと体力が必要な仕事と言われていますが、
さらに体力が必要と言われているのが、
助産師の仕事になります。

もともと勤務時間が不規則で、
日勤と夜勤を不規則に繰り返すことが多い看護師ですが、
助産師はさらにハードな勤務が多いとも言われています。

 

そのため、学生時代には
体育会系などでバリバリと活動していた。

というような人の方が
向いている職業ともいえますよね。

 

求人情報などを見ると比較的簡単なのでは?
と感じている人もいるかもしれませんが、
精神的に弱い人にとっては向いている仕事とは言えません。

お産を手助けする助産師という仕事は、
妊婦さんのお産に合わせて仕事をこなしていく必要があります。

 

でも、妊婦さんんお産というのは
全く予想を付けることが出来ない事になります。

 

赤ちゃんは時間に関係なく生まれてきて、
助産師はいつ赤ちゃんんが生まれも良いように
スタンバイしなければなりません。

場合によっては、自分のスケジュールが入っていたとしても、
それを飛ばしてお産を介助する必要があります。

 

助産師は確かに経験も必要ですが、
体力があり融通が利く人が必要になってきますよね。

収入が良いと言う事だけでは
とても続けることはできませんよ。

なかなか聞けない助産師の残業実態

2月 2nd, 2015

急な残業も多い?

jwqajhgwea
助産院の助産師は、
体力的にもきついことが多いといわれています。

それは、お産はいつはじまるか分からないからなので、
時間外勤務になるといったことも多い
です。

 

次の時間の人に代わるということもできますが、
自分の担当の妊婦さんのお産がはじまると、
時間がきたから任せますといったことはしにくいです。

その妊婦さんが出産するまで付き添う
といったことが多くなります。

 

予定日は決まっていますが、
予定日通りに産まれるといったことの方が少ないので、
なかなか産まれないといった人には
ずっと付き添うといったこともあります。

急な残業も
多くなるといえるでしょう。

 

看護師勤務より忙しいことも

残業の頻度もまちまちです。

お産はいつになるか分からないといったことが多いので、
あまり時間外勤務がないといったときもありますし、
ずっといなければならないといったことも起こります。

 

そのような不規則な時間帯の働き方でも
大丈夫な人が向いているといえるでしょう。

場合によっては、看護師時代の勤務より
忙しくなるといったこともよくあります。

 

働く場所によって代わってきますので
助産師として働きたいと思った場合は、
受ける助産院などである程度
確認しておいた方がいいでしょう。

時間外勤務は長くなる場合が多いということは
認識しておいた方がいい
でしょう。

 
 http://www.ilboscofuori.com/

 

妊婦さんに安心を与える役目

keijgaea
助産院で妊婦さんが自然分娩をして
元気な赤ちゃんが生まれてくる瞬間に立ち会えるのは、
この仕事をしてよかったと思える瞬間ではないでしょうか。

基本的にお産の立ち会いにいることが多いですが、
そんなに頻繁に赤ちゃんが生まれてくるはずもありません。

 

そこで、普段は看護師の資格を持っている助産師なので、
看護師の仕事と同様なことを行ったりします。

妊婦さんの話し相手や、
痛みなどの不安などを取り除くケアなど、
ありとあらゆる知識を駆使
して、

 

妊婦さんを
安心させてあげることなども大事な役割です。

 

お産があるとやはり残業?

残業にはどのようなことがあるかというと、
妊婦さんのお産が始まれば普段行っている業務が
一旦ストップしてしまいます。

妊婦さんの面倒を見ることになるので、
本来やるべき仕事がやれなかったから
残業をすることになります。

 

もしくは帰ろうとしたときに
生まれそうな状況になるなど、赤ちゃん関連で、
帰るのが遅くなるということはある
ようです。

普段は残って仕事をするということはないですが、
いつ陣痛が始まるかわからないので、
常に残って還れなくなる可能性がある
とも言えます。

 

看護師の資格を持っているので
看護師が行う採血などの役割も、
助産婦が行ったりすることもあるのです。